離婚・内縁解消・公正証書のことなら、大阪市阿倍野区の行政書士うつみあつこ法務事務所にお任せください。

離婚・内縁解消・離縁給付・夫婦財産契約・公正証書専門

大阪離婚サポートサロン

大阪府大阪市阿倍野区北畠1丁目18-26-307 
行政書士うつみあつこ法務事務所

お気軽にお問合せください

06-6115-7421

営業時間

年中無休 TEL:8:00~20:00
メールなら24時間受付
legal@office-utsumi.com 

離婚にまつわる相談事例

離婚にまつわる相談事例

こちらでは大阪離婚サポートサロンでご相談をうけたケースをご紹介しています。あなたの悩みと似た事例から、解決のヒントが得られるかもしれません。そして何より、苦しんでいるのはあなただけではないということが分かり、少し元気になれるかもしれません。

生活費を入れない夫と調停離婚。

突然離婚を言い渡され別居。婚姻費用を要求。

夫の浮気が発覚。浮気相手に慰謝料を請求。

夫の前妻から養育費要求の調停を起こされたが、経済状況や過去の経緯を説明して勝利。

借金を重ねる夫と公正証書を作成して離婚。離婚すると借金はどうなる?離婚後の生活は?

浮気相手に謝罪と慰謝料を要求したい。弁護士に依頼したほうがいい?

離婚後も婚姻中の氏を使用していたが、旧姓に戻すことはできるか?

 

事例のご紹介

生活費を入れない夫と調停離婚

ギャンブルに興じて十分な生活費を入れない夫。妻のA子さんも離婚を考え始めてはいましたが、離婚を言い出したのは夫のほう。A子さんは、希望の額の養育費の支払いを約束してくれるまでは離婚はしない覚悟で交渉しました。

当初は話し合いにも前向きで、公正証書にすることにも合意していた夫も、離婚の条件について具体的な話になると、コロコロと主張が変わり、話し合いすらままならなくなり・・・。

結局A子さんは家庭裁判所に調停を申し立てることになりました。調停が始まると、養育費の額は少し妥協することになりましたが、2回目にして合意が成立しました。

夫婦間の話し合いでは強硬な姿勢をとっていた夫でも、調停となると急に従順になるケースもあります。

話し合いが中々進まない場合は、思い切って調停を申し立てるのも良い方法です。

突然離婚を言い渡されて別居。婚姻費用を要求。

夫が急に離婚してくれと言い出し、間もなく愛人のもとへ行ってしましました。突然のことにショックをうけたご相談者様でしたが、気持ちを奮い立たせて、「離婚はしない。別居を望むなら婚姻費用を支払ってほしい。」と夫に主張しました。

夫はあくまでも離婚を主張してきましたが、ついに期限付きの別居と婚姻費用の支払いを認めました。しかしその約束を公正証書にすることは強硬に拒否したため、やむなく夫婦間の合意書として作成しました。

公正証書にするとなると非常に抵抗する債務者(今回の場合、夫)が多く、このケースでも何とか合意書の作成で折り合いをつけました。

合意書であっても、きちんと条件が整っていれば、その後支払いが滞って調停になった時に、有効な証拠となります。

夫の浮気が発覚。相手の女に慰謝料を請求!

夫の帰りの遅い日が増え、週末まで出かけるようになったため、相談者様は携帯電話やカバンの中を調べたところ、浮気相手とのメールや写真までが出てきました。それらを証拠として押さえたところで夫に問いただすと、以外にもあっさり浮気を認めました。

ショックのあまり、すぐに離婚の二文字が頭に浮かんで、離婚協議書の作成などを考え始めた相談者さまでしたが、二人の幼い子どものこと、夫が反省していることなどから、少しずつ夫婦の関係修復へと考えが変わり始めました。

しかし変わらないのは浮気相手への怒り。既婚者だと知った上での行動だったからです。

相談者様は、夫も同席させて、浮気相手を呼び出し、事実を問いただすとともに、謝罪を求めました。浮気相手はその場では謝罪してくれたものの、後日、反対に慰謝料を要求すると言ってきたり、主張が二転三転…。

しかし、ご相談者様も勇気を出して、まずは普通郵便で慰謝料の要求と謝罪を求めました。

もし返事がなければ内容証明で要求し、それでもダメなら訴訟を起こすことまで覚悟していましたが、浮気相手はこちらの要求を受け入れてくれ、無事慰謝料の支払いと合意書の取り交わしも行われました。

夫の浮気相手も既婚者であったり、夫が浮気相手に離婚をほのめかして交際を続けていたりすると、夫に対して、浮気相手の配偶者や浮気相手から慰謝料を請求される恐れもあります。

怒りで一杯なのに、そんな心配もしなければならない…、夫の不始末の後始末をしなければならない悔しさ。ご相談者さまが一度だけ見せた涙が今でも忘れられません。

夫の前妻が養育費要求の調停を起こした!

相談者様の夫の前の妻から、養育費の支払いを要求する調停が起こされました。前の妻は一方的に離婚を要求し、半ば夫を追い出すような形での離婚だったそうです。そして「養育費も要らないから」と離婚をし、夫も今まで一度も養育費を支払ったことがなかったそうです。なので、相談者様も寝耳に水、といった感じでした。

要求してきた額は非常に少額にもかかわらず、前妻は弁護士を立てていました。また、夫にも全く身に覚えのない借金の支払いも要求してきました。

いきなり家庭裁判所から呼び出され、また、相手が弁護士を立てていることもあって、とても動揺し、要求を飲んだ方が良いのではないかとさえ思い詰めた相談者様でしたが、まずは調停の場で冷静に、身に覚えのないことは否定をすること、証拠を提示してもらうこと、現在の家庭の経済状況を説明することをお勧めしました。

結果、前妻の弁護士はたった1回の調停を行っただけで、要求を取り下げました…。

裁判所から何かを求められただけで、とても不安になってしまうのは仕方のないことかも知れません。しかし、裁判所というのは公平中立な立場の公の機関ですから、恐れず、臆せず、堂々と対応しましょう。また、相手側が弁護士を立てているからといって、相手が有利になるというものでも決してありません。

調停への出席を求められたら、心配せず、必ず出席するようにしましょう。

借金を重ねる夫と公正証書を作って離婚。離婚すると借金はどうなる?離婚後の生活は?

借金を重ねる夫に我慢しきれず、離婚を決意した相談者様は、お金にいい加減な夫であることから、離婚の条件はきちんと公正証書にしたいとのことでした。

夫は、離婚にも公正証書を作成することにも前向きだったため、その点心配はありませんでした。相談者様が一番不安だったのは、夫の借金と離婚後の生活。

離婚時に行う財産分与は、負債も対象になります。幸い、相談者様が連帯保証人になっている負債はありませんでした。また、財産と呼べるものは全くなく、残っているのは借金(負債)だけ。このような場合、判例でも、分与の対象にはならない、とされています。もちろん、それは夫婦間だけのことであり、もし連帯保証人などになっている場合は、返済の責任から逃れることはできません…。

離婚後はご相談者様が現在の家を出て、未成年のお子さん二人を引き取り、育てることになりました。とりあえずはご実家に身を寄せ、生活を安定させることに。ご両親はご健在で、お父様に収入があります。児童扶養手当の支給基準は、同居する家族全員の収入額を見るため、ご相談者さまの収入とお父様の収入を併せると、支給されませんが、同居したほうが色々なコストが安く済むため、ご実家に同居することを選ばれました。

強制執行認諾付き公正証書と、年金分割の合意書も作成することができ、ひとまず万全の手を打つことはできました。署名前日まで印鑑証明をとってきてくれず、ドキドキしましたが…。

公正証書にすることにより、養育費が支払われなくなった場合に、裁判を経ずに強制執行を行うことが出来るようになります。何より、相手に「約束を破れない」というプレッシャーを与えることができるため、不払いを未然に防ぐ効果もあります。

児童扶養手当は、子どもを養育する側に受給資格があります。各市町村のホームページなどで、支給基準の計算方法も紹介されていますが、まずは市役所等の窓口へ行って相談されることをお勧めします。

浮気相手に謝罪と慰謝料を要求したい!弁護士に依頼したほうが良い?

配偶者による浮気…。それが原因で離婚することになった場合はもちろん、もう一度やり直すことになったとしても、浮気相手に「ひとこと言ってやりたい!」という気持ちがあると思います。

そこで弁護士さんに依頼すると、直接相手に会って話をすることは止められるケースがほとんどなのです。

もしそこであなたが相手に暴言を吐いたり暴力を振るってしまったら…反対に慰謝料を請求されてしまう可能性もあるからです。

「ひとの家庭をメチャクチャにしておきながら、慰謝料を請求してくるなんて!」と思われるでしょうが、そもそも良識が通用する相手ではないことが多いのです。もちろん浮気相手に文句を言っただけで慰謝料を払うことになるようなことはまずありませんが…。

浮気相手に一番ダメージを与えられることはなんでしょうか?

文句を言われることよりも、実はあなたの配偶者を失うことと慰謝料を請求されることです。

文句を言ってやりたい気持ちは痛いほど分かりますが、そこは冷静に手続きを踏んで権利を行使していきましょう。慰謝料の請求はいきなり裁判を起こす必要はなく、まずは内容証明などで行っても良いと思います。裁判を起こす時点で弁護士さんに相談すれば十分でしょう。

 

離婚後も婚姻中の氏を名乗っていた。やっぱり旧姓に戻ろうと思うができる?

一旦婚姻中の氏を使用して、その後旧姓に戻るには、家庭裁判所に氏の変更の申立てをし、許可されなければなりません。

氏の変更にはやむを得ない事由が必要とされていますが、近ごろの判例では、離婚によって旧姓に戻るのが民法の原則であり望ましいという考え方から、婚姻中の氏を継続使用した期間が比較的長期間に及ぶ場合でも、変更が認められています。

その他のメニュー

業務内容と料金をご案内しています。

大阪離婚サポートサロンによく寄せられるご質問と回答をご紹介しています。

離婚に関するいろいろな手続きをご紹介しています。

困っていること
不安なこと
迷っていることは
ございませんか?

安心してご相談下さい。

06-6115-7421

090-4563-7943

legal@office-utsumi.com

メール・SMSでのお問合せは24時間、年中無休で受け付けております。思い立ったらご連絡ください。
出張相談も致します。安心してお問い合わせください。

ごあいさつ

内海敦子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

新着情報

2019年3月28日

東住吉区役所にて行政書士会による無料相談会を行います。お近くの方はご利用ください。
離婚はもちろん、相続、帰化などのご相談が可能です。
時間:13時~15時
場所:東住吉区役所1階

2019年4月13日

「後悔しない離婚の仕方」と題してセミナーを開催します。
時間:14時~17時
場所:大阪市淀川区西中島