離婚・別居の公正証書・合意書のことなら、大阪市阿倍野区の行政書士うつみあつこ法務事務所にお任せください。

お気軽にお問合せください

06-6115-7421

営業時間

年中無休 TEL:8:00~20:00
メールなら24時間受付
legal@office-utsumi.com 

日本人等と離婚後も引き続き日本に在留するには

離婚によって「日本人の配偶者等」の在留資格を失う方が「定住者」の在留資格に変更するには。

日本人等と離婚後も引き続き日本に在留するには

日本人や永住者、特別永住者との離婚や死別によって、「日本人の配偶者等」の在留資格を失う場合、その後も日本に在留するには、他の在留資格への変更許可申請を行わなければなりません。

配偶者を亡くされて、不安でいっぱいかと思いますが、日本でこれまでどおり暮らしていけるよう、きちんと手続を進めましょう。

一般的に「定住者」の在留資格への変更を考えます。

もちろん、専門的な技術や知識を持っているなら、「技術」「技能」「人文知識・国際業務」などの在留資格への変更も考えられます。

しかし、就労活動に制限の無い「定住者」の在留資格であれば、安定的な長期滞在がより容易になります。

  1. 離婚定住(Divorce & Long Term Resident)とは
  2. 日本人の実子扶養定住とは
  3. 「技術」「人文」「人文知識・国際業務」の在留資格

離婚定住(Divorce & Long Term Resident)

「日本人の配偶者等」から「離婚定住」の在留資格に変更するのであれば、次の条件をいずれも満たす必要があります。

  1. 日本において、おおむね3年以上、正常な婚姻関係・家庭生活が継続していた。
  2. 独立の生計を営むのに十分な資産又は技能を持っている。
  3. 日常生活に不自由しない程度の日本語能力がある。
  4. 公的義務を履行していること又は履行が見込まれる。

なお、配偶者が日本人であり、その日本人との間に実子がいて、その子を扶養している場合は、より緩やかな条件で定住者の在留資格への変更が認められるようです。詳しくは「日本人の実子扶養定住」をご覧ください。

日本人の実子扶養定住とは

日本人との間に子どもがいて、離婚後もその子を監護・養育する場合、日本人との婚姻期間が3年に満たなくても、「定住者」の在留資格が認められることが多いようです。

必要な条件は次のとおりです。

  1. 生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
  2. 現に、相当期間、当該実施を監護・養育していることが認められること

 

大阪離婚サポートサロン サービスの流れ

お問合せからご相談、業務開始、お支払いまでのおおまかな流れをご説明いたします。

お問合せ

平日は時間がないという方も安心です。

離婚に関してお悩みや、依頼されたい内容等をお電話やメール、お問合せフォームにてお聞かせください。簡単なご相談であれば、その場でお答えします。

メールやお問合せフォームによるお問い合わせは24時間受付ております。お問合せには24時間以内に回答いたします。

ご相談

お客さまとの対話を重視しています。

大阪離婚サポートサロンでは、お悩みをじっくりお聞きし、経験や実績に基づいた具体的な解決方法をご案内します。ご相談は1回(2時間程度)¥3,000を頂戴致します。予めご了承ください。

初めての経験で何を聞いたら良いかも分からない、という方にも、お話をじっくりお聞きすることで、問題点を明らかに致します。

 

業務開始

フォロー体制も充実しております。

大阪離婚サポートサロンが行っている業務は、「業務内容と料金一覧」でご案内しています。

業務はご相談者様と緊密に連絡を取りながら進めていきます。

業務の途中でご不明点がでてきましたら、お気軽にお申し付けください。業務内容変更などのご要望にも真摯に対応いたします。

お支払い

お支払いは原則として業務が終了してからです。例えば、離婚協議書の作成であれば、離婚協議書が完成し納品させていただいてから料金を請求させて頂きます。弁護士費用のように、着手金などはございません。各種業務の料金については「業務内容と料金一覧をご確認ください。

ページのトップへもどる

困っていること
不安なこと
迷っていることは
ございませんか?

安心してご相談下さい。

06-6115-7421

090-4563-7943

legal@office-utsumi.com

メール・SMSでのお問合せは24時間、年中無休で受け付けております。思い立ったらご連絡ください。
出張相談も致します。安心してお問い合わせください。

ごあいさつ

内海敦子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。